【仮想通貨が世界で共有される方法】P2Pネットワークとは?

●仮想通貨ってなんで世界中で共有できるの?
●ネットワークの中に悪い人が侵入しないの?

▶STEP1-3【ブロックチェーンとは】で、ブロックチェーンについて説明しました。
まだの方はコチラからチェックしてください。

ブロックチェーンとセットで仕組みについて覚えましょう。

ブロックチェーン⇒仮想通貨の取引の「記録方法」
P2Pネットワーク⇒記録のデータであるブロックチェーンの「共有方法」

という風に覚えてください。

目次

P2Pネットワークとは?

個々のユーザー同士をネットワークでつなげて管理することを言います。

図のように仮想通貨は世界中に散らばったパソコンに同じデータ(ブロックチェーン)がコピーされて保存されています。

つまり、みんなで同じ情報を共有し・管理しているということになります。

これにより、中身に問題がないかを確認する作業が可能になります

悪意のある人がデータを改ざんしようとしても、ほかのパソコンの情報と照らし合わせることで、データの改ざんにすぐに気づくことができます

P2Pネットワークのメリット

管理コストがかからない

ネットワーク上のコンピューターですべて管理されている為、データを処理するサーバなどが必要ありません。

そのため、管理コストがかからないというメリットがあります。

データの処理を分散させて管理できる

データを分散させて管理することによって端末にかかる負担が軽減できる。

つまり、処理するスピードも向上させることができる

ネットワークについて理解できましたか?

ここまでがP2Pネットワークの説明になります。

難しい仕組みになりますので、何度も読んで「ブロックチェーンはこのように共有しているんだな」という風に理解できるようにしてください。

STEP1-3【ブロックチェーンとは】とセットで理解しておきましょう。

はじめての仮想通貨を始めるならコインチェック

  • 取り扱い通貨数が国内No.1
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • サービスの多様さ

▶はじめての仮想通貨と言えばコインチェック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

●現在フリーランスで活動中
●日本各地に拠点を移しながら
 パートナーと2人で暮らしています。
●元保育士が誰よりも分かりやすく『仮想通貨の始め方』について解説しています。


【私生活】
●バンライフで日本一周が目標

ABOUT US

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次