【Bybit(バイビット)】ステーキングは積立?定期?どっちがおすすめ?

ステーキング始めたいけど、『積立』か『定期』で悩む。

それぞれのメリット・デメリットを知りたい。

という悩みを解決していきます。

この記事で分かること

●『積立』『定期』ステーキングの違い
●自分に合ったステーキング方法
●ステーキングの始め方

▼Bybitステーキングを利用するためにはBybitの口座が必要です。

まだ持っていない方は今のうちに登録しておきましょう。

目次

ステーキングの種類

まずはじめに「ステーキングの種類」について解説していきます。 

Bybitには「積立ステーキング」「定期ステーキング」という2つのステーキングがあります。

主な違いをまとめると↓

積立
ステーキング
定期
ステーキング
期間無制限30日・60日
払い戻しいつでも可能30日OR60日
利回り低い高い
ステーキング可能銘柄23種類4種類

積立ステーキング
いつでも自由に預け入れ・払い戻しができる

定期ステーキング
一度預け入れると30日もしくは60日間払い戻すことができない

ただし、

定期ステーキングは制限が多い分、積立ステーキングに比べて2~3倍ほど利回りが高いという特徴があります。

利回りを重視して『定期ステーキング』
いつでも取り出せる『積立ステーキング』を選ぶかになります。

いつでも取り出せる積立ステーキングの方が人気が高いようです。

とはいえ、それぞれにメリット・デメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

『積立』ステーキングの特徴

積立ステーキングはステーキングできる通貨の種類が定期ステーキングとは全く違います。

2022年10月時点の取り扱い通貨は23銘柄あります。

積立ステーキングの対象銘柄

BTC、ETH、BIT、USDT、USDC、DAI、BUSD、ADA、ATOM、AVAX、AXS、DOT、FTM、GSTS、KASTA、MATIC、NEAR、ONE、SHIB、SOL、ROND、GCAKE、APT

主要通貨の利回り一覧です▼(2022年10月20日時点)

スクロールできます
BTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)USDT(テザー)BIT(ビットダオ)
年間利回り4.5%1.8%12%5%
最小預入数量0.001BTC0.01ETH20USDT200BIT
最大預入数量10BTC 100ETH500,000USDT200,000BIT
【一例】2022年10月20日

最新の利回りを確認したい場合は公式サイト利回り一覧からチェックしましょう。

積立ステーキングの特徴として上場してすぐに『期間限定・最大999%』といった高利回りのイベントを開催することもあります。

こちらのイベントは人気ですぐに売り切れてしまう場合が多いです…

『積立ステーキング』メリット

積立ステーキングのメリット

①いつでもステーキングを解除できる
②毎日ステーキング報酬を受け取れる

①いつでもステーキングを解除できる

「積立ステーキング」はいつでもステーキングを解除することができるので、市場の動きを見て出金することが可能です。

「積立ステーキング」の一番のメリットになります。 

価格が下がっても、出金できるという安心感はあります。

②毎日ステーキング報酬を受け取れる

自身のアカウントに毎日少しずつ資産が増えていくのを確認できます。

初心者にとって、難しいチャートを見るより、報酬がパッと見えるのは嬉しいです。

ただし、

複利運用はサポートされていないので、受け取った報酬を運用する場合は、手動で運用する必要があります。

【複利運用とは…】
複利で受け取った報酬をそのまま自動で投資に回すこと。

『積立ステーキング』デメリット

「積立」ステーキングのデメリットは以下の2つが挙げられます。

積立ステーキングのデメリット

①年利が低い
②年利は変動する

①年利が低い

どうしても期間が設定されている『定期ステーキング」と比べると年利は低く設定されています。

年利をとにかく高く!という考えの方は『定期ステーキング』が良いかも知れません。

②年利は変動する

積立ステーキングの年利は、市場の状況によって常に変化しています。

こんなことが起こる

「高い利回りで開始したのに、気付いたら下がっていた…」ということがあります。

『定期』ステーキングの特徴

ここからは定期ステーキング』について詳しく見ていきましょう。

「定期ステーキング」
仮想通貨を指定の期間預けることで、報酬を受け取ることができるサービスです。

申込時に預ける期間(30日もしくは60日)と年間利回りがわかります。

預ける時に「〇日後にいくらもらえる」のかが正確に計算できるのは嬉しいです。

ただし、ステーキングできる銘柄は5つしかありません。

スクロールできます
BTCETHUSDTDAIGSTSADA
預ける期間30日間/60日間30日間/60日間30日間/60日間30日間/60日間30日間/90日間30日間
年間利回り(30日)1.50%1.00%3.25%2.50%20%4.75%(完売)
年間利回り(60日)1.80%1.80%3.453.0%90日間30%
最小預入数量0.01BTC0.1ETH300USDT300DAI50GSTS60ADA
最大預入数量2BTC30ETH50,000USDT50,000DAI300,000GSTS500,000ADA
2022年10月20日時点

『定期ステーキング』メリット

『定期ステーキング』のメリットには下記の2つあります。

「定期ステーキング」メリット

①「積立」より年利が高い
②預ける期間によって報酬が変わる

「積立」より年利が高い

定期ステーキングは、積立ステーキングよりも年利が高い傾向にあります。

預けた報酬をしっかりと得たいと考えている人は「積立」よりも「定期」のほうがおすすめです。

預ける期間によって報酬が変わる

上で使用した表でも分かるように預ける期間が長ければ長いほど受け取れる報酬も高くなります。

つまり

使用する予定がない仮想通貨を持っている場合は「定期」で長期間預けておくと高い利益を受け取ることができます。

反対に、使う予定のある通貨を『定期』に預けるのはおすすめしません。

『定期ステーキング』デメリット

メリットについて上記で解説してきました。

『積立ステーキング』のデメリットは1つです。

「定期ステーキング」のデメリット

①途中で解約ができない

①途中で解約ができない

前述していますが、「定期ステーキング」は、申し込んだ期間が終了するまで解除することができません。

仮想通貨の価値がどんどん下がっていく場合でも見守るしかありません…

高い報酬を受け取れる代わりにこのようなリスクがあると思っておきましょう。

ステーキング選び方【まとめ】

紹介してきたように違いはあるものの、極論はこの2つで考えることができます。

ポイントはこの2つ

引き出しがいつでも可能がいい!→『積立』
年利がはとにかく高い方がいい→『定期』

2つのポイントでどちらを優先するのかで自分に合った方法が見つかります。

ステーキングの始め方

最後にBybitでのステーキングを始める手順を紹介します。

とても簡単なのでサクッと紹介しますね♪

ステーキング開始までのステップ

STEP1.資産の振替
STEP2.ステーキングの選択

【注意】
Bybitの口座がありステーキングしたい暗号資産がBybitのウォレットにある前提で進めていきます。

まだBybitの口座を持っていない方は今のうちに登録しておきましょう。

手順など詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

STEP1.資産の振替

ステーキングを行うには、[資産運用アカウント]に資金を入れておく必要があります。

①アプリのホーム画面から「資産」をタップ

「振替」を選択します。


③「振込先口座」をタップ

④「資産運用アカウント」を選択

⑤内容を確認して、「振替を確認」をタップします。

振替に手数料はかかりません。

STEP2.ステーキングの選択

①メニューの「その他」を選択し、「Bybitステーキング」をタップします。

②表示された通貨の中から、ステーキングする銘柄・方法を選択します。

【積立ステーキングの場合】

払い戻し自由の「今すぐステーキング」を選択します。

ステーキングする通貨うぃ選び、金額(枚数)を入力、「今すぐステーキングする」をタップします。

【定期ステーキングの場合】

「30日間」もちくは「60日間」を選択し、「今すぐステーキング」を選択します。

ステーキングする通貨を選択し、ステーク期間を確認し[今すぐステーキングする]をタップします。

これで設定は完了です。
あとは資産が増えるのを待つだけです。

まとめ:積立?定期?ステーキングの選び方

Bybitのステーキングには2種類の方法があります。

自分に合ったステーキング方法を選択して、コツコツ資産を増やしていきましょう。

ポイントは2つ

いつでも払い戻しができる『積立』
とにかく高い年利を受け取りたい『定期』

ステーキングは預けるだけで資産を増やすことができるので、仮想通貨初心者の方にオススメの運用方法です。

とはいえ、価格変動リスクには注意が必要です。

リスクが生じる可能性があることを踏まえて、ステーキングするかどうかご自身で判断しましょう。

まだBybitの口座を持っていない方はコチラから登録できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

●現在フリーランスで活動中
●日本各地に拠点を移しながら
 パートナーと2人で暮らしています。
●元保育士が誰よりも分かりやすく『仮想通貨の始め方』について解説しています。


【私生活】
●バンライフで日本一周が目標

ABOUT US

コメント

コメントする

目次